2006年02月22日

vol.17 メディア

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
  
☆『音楽にしたって本にしたって必ずあるメディアを通さな
  いと伝わらない。

  それがとても煩わしくって、もうちょっとダイレクトな
  コミュニケーション、つまり表現や情報交換をするメデ
  ィアってないかなって考えてるのね。

  ポストメディアっていうのかな、それは』

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

  1984年11月 キーボード・マガジン・インタヴュー

  「坂本龍一の作曲技法」(リットー・ミュージック/
   2002年)より。

   詳細→ http://tinyurl.com/d4oor

 


●教授の過去の発言を読み返していると、意識的か無意識的
 かは別にして、ときどき結果的に近未来を正確に予言して
 いたことに驚かされるときがある。


 最近、海外ではメジャーどころかインディーズとも契約の
 ない無名アーチストが、

 ネットを活動拠点として自ら郵便局に出向いて配送作業を
 行う形で自主制作CDをヒットさせている、という話を聞い
 た。


 80年代にスティングは

 「ミュージシャンとして成功するのにマスコミや弁護士、
  たかり屋を相手にしないで済んだらどんなにいいだろう」
                        (大意)

 と発言していたが、この時点では単なるボヤキにしか
 聞こえなかったし、本人もそのつもりだったように思う。


 それから約10年後の90年代半ばには、細野晴臣が

 「これからは1人1レーベルの時代になる」と予言してい
  た。


 思っていたよりも少し時間はかかったけれど、
 いよいよそれが現実になってきたようだ。

                     <文中敬称略>
 



 「坂本龍一の作曲技法」
        
   詳細→ http://tinyurl.com/d4oor

 


------------------------------------------------------

●あとがき

♪こんにちは、吉村でございます。



 えーと、今月は

 これ http://tinyurl.com/d2ujv

 と

 これ http://tinyurl.com/cw982

 ですかね。


 で、来月が

 これ http://tinyurl.com/cfskk


 ですね。(他にもあるかも)


 いやもう、みなさんお元気でうれしいかぎりでございますが、

 お金を払う方としては楽しいやら苦しいやら(^ ^;


 どれから買おうかかなり悩んでおります〜



 それではまた〜



★おまけ

 これ必読ですよ!
 http://www.jspa.gr.jp/pse/


posted by ヨシムラ タケヒロ at 20:31 | Comment(2) | 坂本龍一を考える。-メルマガ・バックナンバー
この記事へのコメント
いますよね未来が見えてるかの如く発言しそれが的中する何人かの人達、そんな人達の発言を見ていると、多くの議員や文化人系の人?が原始人の如く思えます、、スティングのぼやき、規模は全然違うがなるほどなぁ〜と感じます。今だに覚えてるのは偶然深夜に観た教授のビューティワールドツアーでした、教授の事を偉そうな事を言うくらいの認識で余り興味なかったがその番組で教授以外日本人が出てこず、LastEmperorを弾き終わるとロックコンサートのような熱狂ぶり、その時そこになんとも言えない未来を感じた気がしました、、いつも長くすいません、(^^;;、更新楽しみにしてます
Posted by Q at 2006年02月24日 05:08
♪Qさん
連日、恐縮です(^^おー、ビューティツアー、それぼくは見逃したかもしれないですねー。「ビューティ」と「ハートビート」のツアー映像が今すごく見たいんですよね。マヌ・カッチェとヴィクター・ベイリーの参加したものとか。DVD出ないかな〜。
大昔、「テクノポリス」を初めて聴いたとき、「こっ、これは未来の音楽だっ!」
と興奮したのを思い出しましたー(^ ^;
Posted by 吉村たけひろ at 2006年02月24日 22:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。