2007年01月05日

vol.26 断片


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
  
☆『僕の発想は基本的にはやっぱり断片的。

  それで、その断片をどう並べるか。

  ヌーヴェル・ヴァーグのモンタージュは断片断片の素材
  で撮っていって、編集でつくるわけだけど、あれに近い
  と思う』

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

 
 『skmt』(リトルモア/1999年)より。

 詳細→ http://tinyurl.com/b5xvj


●僕が教授の楽曲で初めて意識的に聴いたものは、たぶん
 「テクノポリス」だったと思う。


 それまで聴いていた、日本のニューミュージックと呼ば
 れていたものや歌謡曲から、洋楽に興味が移りつつある
 ころの事だったと記憶している。
 

 「テクノポリス」を初めて聴いたときは衝撃を受けた。


 こんな音楽は聴いたことがない、と思った。


 もちろん、これは僕に限ったことではないのはいうまで
 もない。


 ただ、僕が驚かされたのはそのサウンドはもちろんなの
 だが、何よりもそのメロディーである。


 どういうことかというと、「テクノポリス」という曲は
 複数のパートから構成されているけれど、その各パートの
 主旋律どうしが全く繋がっていないような印象を僕に与えた
 のだ。


 まさに、教授の言う通り「断片が並べられている状態」の
 ようななんともいえない不思議な音楽に聴こえた。


 それなのに、曲全体として聴いてみると、不自然さは全然感じ
 られない。


 当時、家にあったエレクトーンで、コードなどは全然わからな
 いので、メロディーだけを必死になぞって「何なんだこれは」
 と毎日のように弾いていた。


 この体験は強烈で、いまだに僕は教授の音楽だけは、全ての曲
 がというと言い過ぎかもしれないが、多くの場合、他の人の
 音楽とはまったく違うものに聴こえてしまう。


 単に思い入れが強いとか、あくまで個人的な理由によるものだ、
 とずっと考えていたのだが、もしかするとそれだけではなくて、
 やはり教授の発想にもその要因があるのかもしれない。


 
 『skmt』(リトルモア/1999年)

 詳細→ http://tinyurl.com/b5xvj

 

--------------------------------------------------------

●あとがき


♪こんにちは、吉村でございますー。


 あけましておめでとうございます。


 久しぶりの発行になりました。


 コチラ↓
 http://www.mag2.com/m/0000205691.html

 
 の発行やそれに伴う諸々の作業に追われ、なかなか教授マガ
 ジンが発行できませんでした。


 再開してみると、教授がブログをやめちゃったりとか、レー
 ベルを移籍/設立していたりとかいろいろ変化が起こってい
 るんですねー。


 教授の新しい動きにも注目しつつ、今年もマイペースの発行に
 なると思いますが、

 どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 それではまた〜


●ストップ六ヶ所(日本語) 
   http://stop-rokkasho.org/information/ja/

●教授の最新ニュースはこちらで
   https://www.sitesakamoto.com/newsletter/

●坂本龍一オフィシャルサイト
   http://www.sitesakamoto.com/





posted by ヨシムラ タケヒロ at 21:32 | Comment(3) | 坂本龍一を考える。-メルマガ・バックナンバー
この記事へのコメント
吉村さんどーもですわーい(嬉しい顔)おもわずsKMT読み反しました、いつも吉村さんの視点の鋭さと斬新さにあっぱれですとても音楽感じます、スムーチーにあるインストにはヨーロッパを感じ、YMOや初期の教授のインストには強烈なほどアジアを感じます僕冷や汗苦手でしたわりと、教授の音をどっぷり聞くきっかけになった、LAST Regretsなんかのピアノはまたヨーロピアンな匂いに聞こえます。教授の海外での音と日本での音の違いのようなもの?を吉村さんの視点での考察など聞ければと思います冷や汗2勝手な意見失礼します、更新楽しみにしてます。
Posted by Q at 2007年02月14日 19:19
♪Qさん
どもども〜、いつもありがとうございまっす(^^

アジアとヨーロッパのせめぎあい?というのは教授の音楽の根源的なテーマですよね。教授も昔はアジア的といわれることを否定していましたが、近年では認めているようですし。

LAST Regretsにあるヨーロピアンな色彩の狭間に見え隠れする、独特の「揺らぎ」のようなものも教授の両義的な一面を象徴しているようにも思います。

海外/日本、ヨーロッパ/アジア、ペンタトニック。。。、これらのことは、自分にとってもとても大事なことです。なにぶん知識不足のところもありますので勉強しながら記事でも取りあげていきたいと思っています。

お題の提供感謝です〜(^^)
Posted by 吉村たけひろ at 2007年02月15日 11:59
」と主張 ブラック 定数 月に最悪記録と 犯罪の要因も指 バーバラ 今年 ゲーム付きスキン が失敗 は観光客など計
Posted by 人だった at 2007年07月08日 07:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。